P.Nみやこの模型製作記【第2出張所】

アクセスカウンタ

zoom RSS う〜ぅん。設定画の角度からだと・・・

<<   作成日時 : 2012/08/13 20:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


画像


そこそこ似てるんだけどな・・・・・・・・・
80年代キャラモデルの殆どが立体としての
纏まりよりもベーシックな設定画のアングル
で似ている事が重要視されて正面から
みると妙にたくましい。
殆どのオーラバトラーのデザインがそれまでの
箱的なロボットと違い模型的な可動クリアランス
を確保しにくいバランスの上に一種の騙し絵
みたいな一番映える様になっていて絵を図面
に起してもなかなか立体になってくれない
そういった部分では限られたアングルにしても
可動を入れつつ形にした開発スタッフの苦労が
伺える。
だって前作は『戦闘メカザブングル』で工業機械
的な硬いアイテムでそれまでもガンダムと比較的
従来型のロボット然としたアイテムのノウハウの
蓄積が在っても手作業で金型製作していた時代に
イキナリ有機的なラインのロボはハードルが高かった
バストール、1/24ダンバインみたいな奇跡的な
アイテムがあったもののシリーズ全般としてみると
決してクオリティーが高いとは言えなった。

画像


正面から見るとハンマーで叩いたかのような
半SD体型。

画像


改修したものしか観てなったことも在り、キットの
素組みに軽いカルチャーショック。
でも、改修した物もそんなに手を入れていないので
元のキットの素性の良さとも言えますよね。
HGABシリーズがキット化の際にサイズが大型化して
しまったので横に並べるには旧キットが一回り小さく
なるので揃えるなら旧キットになるんですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
う〜ぅん。設定画の角度からだと・・・ P.Nみやこの模型製作記【第2出張所】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる